メニュー

助成金をお考えの方 | 医療機関や一般企業の就業規則、助成金申請、開業支援|えと社会保険労務士事務所

えと社会保険労務士事務所

075-754-8177 メールでのお問い合わせ
〒604-8162 京都府京都市中京区烏丸通六角下ル七観音町640 烏丸センタービル4F

えと社会保険労務士事務所

075-754-8177 メールでのお問い合わせ

〒604-8162 京都府京都市中京区烏丸通六角下ル七観音町640 烏丸センタービル4F

助成金をお考えの方

助成金とは?

当事務所は医療機関に強く、特に歯科医院は多くの実績がございます。

職員の効果的な採用方法から通常業務での安全を配慮した労務管理、快適な職場作りまで、様々なご提案をさせていただいております。

 

労働社会保険諸法令に基づく申請書や帳簿書類などの作成や、労務面から経営上の問題点を指摘して、改善策のアドバイスをさせていただきます。

当事務所は、歯科医院に対してこれまでのデータ蓄積を基に「魅力ある歯科医院づくり」のお手伝いをさせていただきます。

 

人事・労務管理・社会保険のことなら、えと社会労務士事務所までお気軽にご相談ください。

 

助成金とは?

 

助成金のメリット

企業が納めている雇用保険料を財源としているため、融資とは異なり返済不要なお金です。
労働者の失業予防や、福利厚生の充実等の労働者にとって働きやすい環境を整えた企業に対して、支給されます。

受け取った助成金は売上ではなく粗利となります。

労働整備がなされ、従業員の福利厚生の向上や進んだ制度を取り入れた企業として、 国に労務環境が整備されていると、認められていることになり、公的融資が受けやすくなります。

申請でお困りではありませんか?

助成金は返済不要のお金がもらえるわけですから簡単ではありません。
また最近は不正受給も多くなり要件が厳しくなっています。
不正受給に関して、特に悪質なものは逮捕されることもあるので注意が必要です。
そのため多くの書類が必要になり、専門家である社労士に依頼する件数が増加しているのが現状です。
要件が厳しくなっており、受給まで時間がかかる助成金もあります。

こんなことでお悩みではございませんか?
  • どのような助成金があるのかわからない
  • 自社が申請可能な助成金かわからない
  • 申請、受給をどうやったらいいのかわからない

arrow.png

 

助成金の申請で困っている方は私達にご相談ください!

厚生労働省のキャリアアップ助成金など労働局等に提出する助成金の申請書だけではなく、助成金申請にともなって必要な就業規則の作成や変更・労働基準監督署への届出代行をいたします。

助成金の申請のポイント

助成金は書類を提出し審査に通れば銀行口座に振り込まれます。
補助金申請において、それぞれ書類を提出する必要があります。
補助金の種類によって異なる場合もありますが、一般的には下記のような書類が必要になります。

Point1

該当する助成金を探す

まず、該当する助成金を探します。助成金の目的となぜこの助成を選んだのか。
これから始める事業を行うことでどんな効果が得られるのかを明確にすることが必要です。

 

Point2

助成金の情報を集める

助成金の情報は様々な形で流れてきます。
法改正も頻繁にあるのでお早めに社労士にお問合わせください。

 

Point3

計画書を提出

助成金はあらかじめ計画書が必要なものが多いです。
「人を採用したけどなにか助成金もらえる?」
「創業したけど助成金もらえる?」

などとお問合わせが多いですが、計画書を提出してないので、受給できないケースがございます。お早目のご相談をお願いいたします。

 

Point4

労働・社会保険に加入しているか

助成金の財源は雇用保険です。雇用保険に加入していない企業は、当然ですが助成金の受給要件を満たしません。

 

Point5

労務管理をしっかりする

助成金を申請するためには、「労働者名簿」「賃金台帳」「出勤簿」が必要となります。
準備できていない企業は助成金を申請するしないに関わらず整備が必要です。
助成金は『社内の労務整備する』ことが本来の目的です。
中小企業によくある怠慢な労務管理体制から抜け出し、企業の体裁を整えることに使うと助成金がより有効になってきます。

詳しくは当事務所までお気軽にご相談下さいませ。
お電話でのご相談はこちら 075-754-8177 メールでのご相談はこちら
 
お電話でのご相談はこちら 075-754-8177 メールでのご相談はこちら