メニュー

雇用調整助成金 | 医療機関や一般企業の就業規則、助成金申請、開業支援|えと社会保険労務士事務所

えと社会保険労務士事務所

075-754-8177 メールでのお問い合わせ
〒604-8162 京都府京都市中京区烏丸通六角下ル七観音町640 烏丸センタービル4F

えと社会保険労務士事務所

075-754-8177 メールでのお問い合わせ

〒604-8162 京都府京都市中京区烏丸通六角下ル七観音町640 烏丸センタービル5F

ブログ

雇用調整助成金

作成日:2020年09月30日(水)

「雇用調整助成金」、こんなにも申請する日がまたやってくるとは、

思ってもみませんでした!

 

かれこれ、10数年前、私は、とある社会保険労務士事務所で勤務していましたが、

その頃、いわゆるリーマンショック後の不況で。

離職票を大量に作成したり、廃業される会社様の手続きをしたり。

その中で、雇用調整助成金の手続きにもおわれていました。

言葉のとおり、まさに、「おわれる」状況で。

 

今回の新型コロナ特例措置の間、手続きはかなり簡略化されていますが・・・

その頃は、事前に、休業の計画の届の提出が必要でした。

また、給与の〆支払い毎に、2か月以内の支給申請が必要で。

給与の計算が終わったら、支給申請の書類を準備し、次の計画届を準備し・・・

いつ終わるんだろうと思いながら、それを延々と、やっていたことを覚えています。

休業がいつ終わるかわからない会社様は、もっと大変だったと思いますが。

 

それが、今回は、計画は不要!事後申請のみでOK!6月までの分は、8月末までに!(期限も延長されて9月末までに!)となったものですから、ものすごく画期的。

でも、その背景には、それこそ、今までにない、「緊急事態宣言」により、

経済が一時とまってしまうような状況があったわけで、

その状況に対応するだけで、みなさん、ものすごく大変だったと思います。

新型コロナ、まだ、大変な状況が終わったわけではないと思います。

 

もしかしたら、ウイルスの変異などで、もっと大変な状況がやってくるかもしれません。

でも、もしかしたら、近いうちに、インフルエンザくらいの感覚の病気になるのかもしれません。

 

ひとつ、今回、ものすごく実感したこと。

あの、延々とやっていたことが、10数年の時を経て、役に立つ日がくるとは、思いもよらず。

一生懸命やっててよかったなぁと、しみじみ思いました。

お電話でのご相談はこちら 075-754-8177 メールでのご相談はこちら
 
お電話でのご相談はこちら 075-754-8177 メールでのご相談はこちら