メニュー

読書の傾向のおはなし | 医療機関や一般企業の就業規則、助成金申請、開業支援|えと社会保険労務士事務所

えと社会保険労務士事務所

075-754-8177 メールでのお問い合わせ
〒604-8162 京都府京都市中京区烏丸通六角下ル七観音町640 烏丸センタービル4F

えと社会保険労務士事務所

075-754-8177 メールでのお問い合わせ

〒604-8162 京都府京都市中京区烏丸通六角下ル七観音町640 烏丸センタービル5F

ブログ

読書の傾向のおはなし

作成日:2020年11月16日(月)

過去のブログ記事で、何度か本の紹介をしてきました。当時は料理に関する本が多かったな、と思い出しています。たまに振り返ってみると、選ぶ本にその時の自分の関心事が現れていて、面白いなと思います。

最近読み終えた本を2冊ご紹介します。

 

  書籍どこからが病気なの

 

「どこからが病気なの?」 市原真 ちくまプリマー新書

 

 書籍美しい距離

 

「美しい距離」 山崎ナオコーラ 文春文庫

 

今年の私は、お医者さんが一般の読者向けに書かれた本や、病院が舞台になっている小説なんかに、興味の針が向いているようです。内容の紹介はしませんが、市原先生の本は読みながら、こんな切り口で病気について考えさせてくれるなんて、とても親切だなぁと思いました。山崎ナオコーラさんの小説では、ラストでたっぷり泣いたあと、なんだか清々しくて前向きな気持ちになりました。

実は他にも、お医者さんが書かれた本を何冊か、積ん読(つんどく)しています。読みたい本が手元にある、読みたくなったらいつでも読める、というのはいいものです。また機会があればご紹介させてください。

 

お電話でのご相談はこちら 075-754-8177 メールでのご相談はこちら
 
お電話でのご相談はこちら 075-754-8177 メールでのご相談はこちら