メニュー

先輩 | 医療機関や一般企業の就業規則、助成金申請、開業支援|えと社会保険労務士事務所

えと社会保険労務士事務所

075-754-8177 メールでのお問い合わせ
〒604-8162 京都府京都市中京区烏丸通六角下ル七観音町640 烏丸センタービル4F

えと社会保険労務士事務所

075-754-8177 メールでのお問い合わせ

〒604-8162 京都府京都市中京区烏丸通六角下ル七観音町640 烏丸センタービル5F

ブログ

先輩

作成日:2017年12月21日(木)

皆さま初めまして福田です。

11月の下旬からお世話になっております。

 

シングルファーザーです。

仕事中は仕事を教えていただき、休憩時間には料理のことやおいしいお店を教えていただき毎日満腹です。

 

さて、昨日4才の息子が描いた絵を保育園から持ち帰ってきまして。

「ムカデ上手に書けたね」

と褒めたら

「それはおひさま」

と呟かれました。

 

絵心のなさは親譲りですごめん息子。

 

そういうわけで、芸術関係の先輩に絵を描くコツを教えていただきました。

同じ題材でも人によって描くこと違うよねって。

実際に僕も先輩に言われて犬と狐の絵を描きました。

「特徴を捉えれば良し。」

と慰めていただきました。

 

そんな先輩に同行させていただき、先日滋賀に行ったわけです。

そのとき忍者の電車を見つけました。

テンション上がって写真を撮りました。

忍者の絵の横で同じポーズをしてくださいと先輩にお願いしたのですがしていただけませんでした。

ときメモでいうところの新密度が必要なのでしょうか。

お電話でのご相談はこちら 075-754-8177 メールでのご相談はこちら
 
お電話でのご相談はこちら 075-754-8177 メールでのご相談はこちら